従業員などを雇ったら提出しましょう!

給与支払事務所等の開設届出書従業員を雇い、給与の支払を行うこととなった場合には、給料を支払うこととなった日から1か月以内に所轄の税務署に提出しなければなりません。

この書類の届出により税務署では届け出た事務所が源泉徴収義務者となることを認識し、また、給与支払者においては、給与支払時に天引きした源泉所得税額を翌月10日までに税務署に納付する必要が生じます。

源泉所得税の納期の特例承認に関する申請書兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書従業員を雇った場合、その月に支払った給料等に対する源泉所得税額は、翌月10日までに税務署に納付する必要があるのは上述した通りです。しかし、従業員等が少ない場合には事務作業の軽減の目的から常時雇用する人数が10人未満の場合には、半年毎に納付をすればよい特例が設けられています。

給与の支払いが発生する場合は事務作業が軽減できますので申請するメリットがありますが、半年毎の納付となるため、納付金額が大きくなり納税資金を確保しておく必要が生じます。

なお納付のタイミングは、1月から6月までに支払ったものについては7月10日、7月から12月までに支払ったものは、翌年の1月20日となります。

青色事業専従者給与に関する届出書青色事業専従者に対する給与を必要経費にさせるための手続きです。青色事業専従者とは細かな定義もありますが、簡単にいえば、事業主の配偶者や子供です。身内に支払う給与については、この書類を提出しないと、経費として認められませんので注意が必要です。

なおこの書類の提出期限は開業の日や専従者がいることとなった日から2か月以内となっています。

お気軽にお問合せ下さい!

お問合せ・ご相談

業務地域
名古屋市中村区、名古屋市中区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市西区、名古屋市熱田区、名古屋市緑区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市瑞穂区、名古屋市昭和区、名古屋市南区、名古屋市天白区、名古屋市千種区、名古屋市守山区、名古屋市名東区、愛西市、安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、岡崎市、尾張旭市、春日井市、蒲郡市、刈谷市、 北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、新城市、瀬戸市、高浜市、田原市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、 豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、日進市、半田市、碧南市、弥富市、大治町、蟹江町、甚目寺町、東浦町、三好町、岐阜県、三重県、静岡県(愛知県全市町村、岐阜県・三重県・静岡県、他遠方でも対応します。)

お問合せフォーム